月別アーカイブ: 9月 2010

自転車通行環境整備モデル地区

最近、街でよく見かけるようになった自転車をお洒落に乗りこなしている人々。 ツーキニストとかサイクリストとか様々な呼び方があるようですが、そんな自転車乗りの彼らのために行政が整備した車や歩行者と分離した自転車用通路がここ亀戸に設けられていることを皆さんご存じですか? その名も「自転車通行環境整備モデル地区」という実に仰々しいネーミングがつけられたこの区画は、みなさんもおそらくよくご存じのJR亀戸駅近くの国道14号線の両側にある幅2メートルほどのあの道です。 なんでもこの区域は全国的な取り組みに先駆けての先行モデル地区にあたるそうで、実際の利用者の声はまちまちらしく、いまいちな反応のようですが、自転車を使う住民や利用者にはなかなか好評なようです。みなさんも一度自転車でぴゅーっと専用道路を走ってみては?

亀戸と書いてカメイドと読む

違う土地から亀戸に移り住んだ方々のなかで「亀戸」を最初から正確に「カメイド」と読めた方はどれくらいいるでしょうか? きっとかなり割合は低いでしょうね。 普通に読めば「カメド」か「カメト」となりますものね。 もともとの表記は現在の正しい読みどおり「カメイド」は「亀井戸」であったと言われています。 では、なぜそもそも「カメイド」となったのかというのは諸説あって、今もなお定かではないとのことですが、一説には、元々の地名であった「亀島」と現在の三丁目にあった「亀ヶ井」という井戸の名前がごちゃ混ぜになったと言われているようです。